BLOG

神戸、須磨の美容室アンティークビスで春カラー

2019/04/11
お酒

神戸の須磨の美容室アンティークビスです。春のカラーリングで淡い色、明るめのオーダーが増えて来ました。

 

 

さて新元号発表があり、

 

「令和」 

 

なかなかいい響きですね。 3月、4月は別れの時期、新しい出会いの時期、

そして5月は新しい時代の幕開けです。

 

 

大学に進学して遠くに行ってしまったお客様、ご主人が単身赴任になったってお話しなどよく耳にします。

 

 

ご新規のお客様で、この春、「通っていた美容室が閉店したの」という残念なお声をよく耳にするようになりました。「通っていた美容室が閉店する」女性がカットできなくなり一番困ります。

 

 

2パターンに分かれるのですが、65歳から70歳ぐらいの美容師さんで円満リタイヤされた方、

 

40歳ぐらいの美容師さんが突然辞められる方、

 

突然やめる方の共通点で、

 

 

とにかく後のカットがやりにくい!!!

 

素材を無視した明るめの白髪染めやストレート、無理な削ぎ、ランダムな削ぎ、毛先がペラペラでくぐっているお客様が多いのが特徴です。一度の施術では無理、無理、無理

 

もう一方65歳ぐらいの美容師さんはしっかりブラントカットで形を作りこんでいたり、レザーカットでテーパー(削ぎ)が上手く馴染みやすく、あとのカットがしやすい方が多いです。

 

70歳ぐらいまで支持されていた技術に納得です。勉強になりますね。

 

末永くお客様とお付き合いできる知識と技術が私達美容師の生活を「護り」「生活を豊かにしてくれる」そんなことを感じる一瞬でした。

 

 

私も素敵なおじいちゃんを目指して生涯現役がんばるぞ!!

 

今日はお客様にお酒を頂いたので一杯やりたいと思います。

 

 神戸市須磨区堀池町2-1-28

  美容室アンティークビス 

(078)736-2001